MENU

学生の場合のクレジットカードの審査について

クレジットカード,学生,年収

金融機関によっては学生を対象としたクレジットカードを取り扱っていますが、
審査では何を調べるものなのでしょう。

 

学生ではなく、一般的な社会人の場合には年収や勤続年数などが、
審査の対象となっているのはよく知られているところです。

 

審査で相手の収入や、過去の延滞履歴、他のキャッシング会社からの借り入れ状況を確認するのは、
貸し倒れリスクを減らすための当然の対策です。

 

クレジットカードを使いたいという学生に対しては、金融会社はどういう審査をしているのでしょう。
やはり収入や、成績なのでしょうか。

 

親の返済能力が審査される

学生用のクレジットカードでは、審査でチェックしている部分が一般とは異なります。

 

学生本人の収入や、学校での成績は、クレジットカードの発行に影響しません。

 

クレジットカードを学生に発行する時は、親の返済能力を審査することになります。
審査自体はごく楽なものになります。

 

もちろん、その結果として利用限度額も10万~20万程度と、社会人向けのカードと比較するとかなり低めに抑えられています。

 

金融会社は顧客を確保したい

金融会社は、学生のうちからクレジットカードを使ってもらいたいと考えています。

 

少なからずの人が、学生時代にクレジットカードをつくると、それ以後もずっと同じクレジットカードを使ってくれるので、
顧客が確保できます。

 

大抵の人が、学生のうちにクレジットカードをつくると、社会人になってからもそのクレジットカードで買い物をします。

 

クレジットカード会社からすれば、末永くカードを使ってくれる顧客なら、
審査がゆるくても学生のうちから利用してもらいたいと思うものです。


学生がクレジットカードを作るために必要な年収は

学生がクレジットカードを作るとき、審査がありますが、収入がまったく無くても大丈夫なのでしょうか。

 

普通のクレジットカードでは、毎月の収入を確認することが審査では欠かせませんが、学生ではそうではありません。
学生なら、お金を自分で稼いでいなくても、クレジットカードは利用できます。

 

収入のない学生の場合、総量規制の制限に引っかかってしまいますので、
キャッシング融資を受けようとしても、審査は通りません。

 

自分で稼いでいない学生でもクレジットカードは使えるのは、クレジットカードのショッピングには、
貸金業法があてはまらないからです。

 

学生が所有することが前提のクレジットカードなら、働いてお金を稼いでいなくても構いません。
無職が審査に響くのは、社会人がクレジットカードを申し込んだ時です。

 

キャッシング枠は収入がないと認められない

未成年の学生である場合には、クレジットカードの申込み時には、親の同意が必要になります。

 

ただし、クレジットカードのキャッシング枠は消費者金融会社からのキャッシング融資と同等に扱われますので、
貸金業法の総量規制があてはまり、収入を得ていなければ利用が認められません。

 

仮に、ちょっとしかアルバイトをしていない人、継続的な収入が見込めない人は、
クレジットカードのキャッシング枠は0円にする
ことです。

 

クレジットカードの申し込みでは、キャッシング枠はあまり利用しないほうがいいでしょう。
自身の収入があまりない学生の場合、クレジットカードの申し込みをする時には、
ショッピング枠の利用だけにしておいたほうが無難です。

 

キャッシングにも利用できるような学生用クレジットカードを発行してもらえるは、収入が大きい学生に限った話です。

学生で利用できるクレジットカードの比較

学生用クレジットカードの選択基準は、そのカードが使いやすいかどうかでしょう。

 

クレジットカード会社の多くは、社会人向けのクレジットカードとは別に、
学生用のクレジットカードを発行しています。

 

もしも学生のうちからクレジットカードを持ちたいと思ったなら、サービスを提供している金融会社は多いので、
手軽に申し込むことができます。

 

クレジットカードは、発行している金融会社によってサービスの幅が異なっていますので、
申し込み前に調べてみることも重要になります。

 

気になるクレジットカードの情報を収集して、比較検討してどれが一番使いやすいのかを考えなくてはいけません。

 

利用できるサービスを比較する

学生用のクレジットカードは、普通のクレジットカードよりも、
カードを使って利用できるサービスの内容が狭まっているものです

 

クレジットカードには利用制限額が設定されていますが、これは金融会社の判断というよりは、
法律でそう決まっているためです。

 

最近のクレジットカードは、決済に利用できるショッピング枠のほかに、融資を受けられるキャッシング枠があります。

 

ショッピング枠は法律での制約はありませんが、キャッシング枠は総量規制の対象になるので、
年収の1/3以上の借り入れは認められません。

 

クレジットカードの金利を低く抑えることで、利用限度額が高くできなくても、
気軽に利用できるようにしている金融会社もあります。

 

学生がクレジットカードのキャッシング枠を利用して現金を借りることができる範囲は、
最大でも20万円程度となっています。

 

低金利で融資が受けられたほうが、返済時の負担は軽くなります。

 

クレジットカード選びをする時には、そういったポイントも調べておくことです。

[学生が利用できるクレジットカードは比較して決める]関連情報

このページの先頭へ